【体験談】友達とルームシェアをすると仲が悪くなる?実際に感じたデメリットやその解決法を教えます

未分類

友達とルームシェアをしたいけれど、

「仲が悪くなってしまうのではないか」

「金銭面とか生活面で喧嘩しそう」

などの様々な不安を抱えて、迷っているという人はいませんか?

実は私も、ルームシェアをする前は、そのような不安を抱えていました。

しかし私は現在、異性の友達とルームシェアをしてもうすぐ1年が経とうとしています。

そんな私が、実際にルームシェアをしている中で感じたデメリットや、仲が悪くなることを防ぐポイント4つをご紹介します!

結論:喧嘩はするけどルームシェア解消には至らない

生まれも育ちも今まで全く違う人間同士が、一緒に暮らすとなれば、喧嘩をすることも多々あります。

しかし、喧嘩をして一時的に仲が悪くなったとしても、今のところルームシェアを解消するまでには至っていません。

もちろん「ルームシェアしていると不便だな」と思うデメリットもありますが、何も気を付けずにルームシェアがうまくいっているわけではありません!

ルームシェアをしていく中で感じたデメリットを解消する、3つのポイントを見つけたのでご紹介していきます!

ルームシェアをして感じた3つのデメリット

①生活リズムの違い


生活リズムの違いで「ルームシェアがうまくいかなかそう」と、不安に思う人はかなり多いのではないでしょうか?

実際に私は朝型、友達は夜型の人間で、生活リズムが真逆でした。

私が寝ている時に、友達の笑い声が聞こえたり、トイレやお風呂へ向かう足音がうるさかったり…。



それで目が覚めてしまったり寝付けなかったりすることは、何度かありました。

②価値観・金銭感覚の違い


日用品や光熱費などの金銭面や、生活様式の違いなどで、私はいまだによく喧嘩をしています。

今まで育ってきた環境が違う赤の他人なので、「全部の感覚が一致する」ということはほぼありません!

それはしょうがないことだと割り切れる人なら良いのですが、どうしても譲れない強いこだわりをたくさん持っている人は、ルームシェアがストレスになってしまうかもしれませんね。

③恋人や友達を家に呼べない


友達のプライベートなどもあるので、簡単に他の人を家に呼べないというデメリットもあります。

どうしても家に招待したいなら、前もって友達に了承を得ておくことが必要ですね。

また、互いに恋人がいる場合は、ラブホテルを使うようにルールを決めています(笑)

自宅にたくさんの友達を呼んで「ホームパーティーをするのが好き!」なんて人には、ルームシェアは難しいかもしれません。

ルームシェアがうまくいく4つのポイント

①間取りは2DK以上が絶対におすすめ!!

私の経験上、必ず1人1部屋ずつある間取りでルームシェアすることをおすすめします。

家賃の節約のために、最初にケチって1つの部屋に2人で住んでしまうと、喧嘩したときや、プライベート時間の確保が難しくなるなどの事態に陥り、必ず後悔します!

1人でゆっくりできる空間も必要ですよ。

1人になる時間を作ることで、相手にイライラしたり、ストレスが溜まったりする機会も減るので、ルームシェアがうまくいきやすいです!

②約束事やルールなどはあらかじめ細かく決めておく


事前に決めておくべきルール例

「家賃や光熱費、食費、日用品などはどう支払っていく?」

「料理、食器洗い、洗濯、掃除などはどういう分担で?」

「ご飯は一緒に食べる?タイミングや時間は?」

「喧嘩したときは?」

「ほかの友達を家に呼びたい時は?」


トラブルの大きな原因になる、家事分担や金銭的なことは特に細かく決めておくことをおすすめします。

そして、その決めたルールは必ず守っていきましょう!!

決めたルールを全部紙に書いて、家の見えるところに貼っておくのも◎

また、生活していく中で「ルールを変えたい」「こういうルールも加えた方が良いかも」という時は、その都度話し合いの機会を設けることが大切です。

決めることを先延ばしにしていると、あとからさらに大きなトラブルに発展するので、早めのうちに解決しちゃいましょう!

③自分が思ったことを友達にはっきりと伝える


生活していく中で、相手の良い部分だけでなく嫌な部分も見えてしまいます。

「ここが嫌だな」「直して欲しいな」と思う所があったら、すぐ相手に自分の気持ちを伝えましょう。

相手の嫌なところをすべて我慢していると、自分もストレスが溜まります。

「こういうところが気になるんだけど、少し気を付けて欲しいな」など、優しく丁寧に伝えてみると、相手も気を付けて行動してくれるようになるはずです。

④最低限の気は遣う


いくら友達だからと言って、「何をしても良い」というわけにもいかないですよね。

「親しき中にも礼儀あり」です。

ルールは守る、プライベートは侵害しないなど、人間として最低限のマナーは守りましょう。

ルームシェアはポイントをきちんと押さえればきっとうまくいく

いかがでしょうか?

ルームシェアをして、友達と仲が悪くなってしまう可能性も否めません。

しかし、今回ご紹介した4つのポイントを守れば、ルームシェアがうまくいく可能性も十分あるのです。

ぜひ、あなたに合った選択が出来ることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました